高精度切削加工

切削加工とは、板・ブロック及び丸棒からの除去加工の一種です。マシニングセンターやロボドリル、NC旋盤、汎用フライスなどのマシンを用いて樹脂をカット・削る・穴開けします。
加工物を高速回転させ、刃物を当てて加工する旋盤加工と、加工物を固定し、刃物を回転させて加工する転削加工(フライス加工)があります。切削加工の特徴としては、金型などが不要で、多品種小ロット生産に向いています。また面相度なども含め、高精度の加工が可能です。

こちらの動画はNC旋盤による旋盤加工となり、チャックで加工物を把握し回転させ、刃物を加工物に対し平行・垂直テーパに刃物を動かしながら加工していきます。回転させながら加工するので、旋盤で加工したものは円形になります。

プログラムにより主軸・刃物台を制御しながら加工する機械をNC旋盤と言います。プログラムする際には刃物を各軸の座標地で指令していきます。

主軸台から刃物台を見て刃物台の摺動面と平行になる麺をX軸、X軸に垂直に交わる軸をY軸、前後の軸がZ軸となります。旋盤加工で使う刃物はホルダーチップを固定した刃物を刃物台に固定して切削します。刃物台に取り付けたら、刃物の高さを調整していきます。刃物の高さは敷板、シムなどを刃物の下に敷き調整していきます。ある程度高さを調整したら実際にX軸方向に削ってみます。高さが中心に来ていれば中心に削り残しが出ません。

弊社のNC旋盤含む切削加工機についてはこちらのページでご紹介しています。

NC旋盤操作

旋盤加工で使う刃物はホルダーチップを固定した刃物を刃物台に固定して切削します。刃物台に取り付けたら、刃物の高さを調整していきます。

刃物の高さは敷板、シムなどを刃物の下に敷き調整していきます。

刃物高さが低いとヘソが残り、高いと盛り上がった形状になります。刃物が高いと切削する際に刃物の切れ刃が加工物の上に来ることになってしまいますので寸法・面相に悪影響が出ます。良好な加工を行うためにも刃物・高さはしっかり調整します。

高精度切削加工工具

加工する際は主軸の回転数や刃物の送り速度 、加工物に対する切り込み量などいろいろな条件を考慮して加工条件を決めます。ある程度の条件で加工していきますが、材質の硬さや使用する刃物の切れ・突き出し量など様々な条件で違ってくるので、実際に加工したものを見て加工条件を探っていきます。

滝本技研工業は昭和46年創業以来、培った高い技術力と柔軟な応用力と提案力、そして豊富な在庫で、適切な素材や加工方法をご提供し、設計から納品まで一貫してサポートいたします。

弊社の加工製品設備紹介についてはこちらのページでご紹介しています。

超高分子量ポリエチレン

樹脂加工のことなら、滝本技研工業

X (エックス/旧Twitter)
Youtube
Instagram